チーム紹介

team

顧問:柳野 年秀  加納 靖典  善本 洋輔   監督:大塚 一朗

コーチ:井上 欣映  GKコーチ:平地 由享  トレーナー:藤村 候夫

実績

■実績
全国高校サッカー選手権大会 出場 25回
第92回全国高校サッカー選手権大会優勝(平成25年度)
ベスト4(3位入賞)2回(平成11年度・平成12年度)
高円宮杯U-18サッカーリーグ・プレミアリーグ West(西日本のトップ10チームによるリーグ戦)
4年連続出場(平成23(2011)年~平成26(2014)年)
全国高等学校総合体育大会 出場 25回
ベスト8 3回(平成6年度、平成12年度、平成25年度)
ベスト16 1回(平成20年度)
北信越高等学校総合体育大会サッカー競技 出場 26回
優勝  10回
準優勝  9回
JFA北信越プリンスリーグ
優勝  1回(平成22年度)
準優勝 1回(平成16年度)
U-18富山県サッカーT1リーグ
優勝  3回(平成15年度、平成24年度、平成25年度)
U-18富山県サッカーT2リーグ
優勝  4回(平成22年度~平成25年度)
第74回ベリンツォーナ国際ユースサッカー大会 出場(平成26年4月)
(第92回全国高校サッカー選手権優勝を受け、U-18日本代表チームとしてスイスに派遣される)

■受賞歴
・平成12年5月 富山新聞スポーツ賞
・平成13年5月 とやま賞(スポーツ部門)
・平成26年1月 富山県青少年スポーツ特別栄誉賞
・平成26年1月 富山市表彰
・平成26年2月 北日本新聞文化特別賞
・平成26年2月 富山県サッカー協会特別表彰

コメント

■指導方針
・サッカーを通じて心身を鍛え、卒業後も生涯スポーツとしてサッカーに関わり、健康的で充実した生活を送ることができるよう心がけ指導しています。
・部員全員が公式試合(2015年度は北信越プリンスリーグ、富山県高校サッカーリーグT1、T2、T3の各カテゴリー)に出られるよう配慮しています
・サッカーを通じたグローバルな視点や知識の習得を目的に、3年間の在籍中に一度、海外(英国)遠征を行います。
・部員の卒業後の進路(進学・就職・プロサッカー入団)の実現に全力を注ぎます。
・大会では優勝をめざし最善を尽くしますが、部員が高校サッカーで燃え尽きることなくサッカーを続けられるよう指導します。
・障害者との交流を通じて見聞を広め、人格形成を促します。

■監督プロフィール
大塚 一朗(おおつか いちろう)…富山第一高校、法政大学卒業後、旧日本サッカーリーグ「古河電工」入団。引退後、渡英。英国プレミアリーグ「ウエストハム・ユナイテッドFC」でサッカー指導法を学び、同国のインターナショナルライセンス(18歳以下のチームの指揮が可能)を取得した。その後UEFA(欧州サッカー連盟)公認A級ライセンス(日本サッカー協会指導者ライセンス公認S級に相当。日本の指導者として2人目の取得)を取得。2008年から富山第一高等学校サッカー部コーチ。2012年同監督に就任。2014年1月、第92回全国高校サッカー選手権大会で初優勝。

■部員
122名(うち女子マネージャー 6名) (2015年9月1日現在)

■施設
・人工芝サッカーグラウンド1面
・クラブハウス

■活動内容
・毎日放課後、学校敷地内のサッカー専用人工芝グラウンドで練習しています。練習時間は放課後午後3時半ごろから午後7時~7時半ごろまでです。特進コースに在籍する部員の場合、7限まで授業のある日(火・水・木)は7限終了後、午後4時半ごろからの練習参加になります。
・土曜日、日曜日はほぼ毎週、公式試合または練習試合を行っています。部員はTop・2nd・3rd・4th の4チームに分かれ、それぞれ北信越プリンスリーグ、富山県高校リーグ(T1・T2・T3Aの3つのカテゴリー)に出場しています。また高校総体、高校選手権大会には選手を選抜し、チームTOMIICHIとして出場しています。
・長期休暇中には鹿島(茨城県)、御殿場(静岡県)などに遠征・滞在し、全国の強豪チームと交流試合を行い、強化を図っています。
・2年生部員は春休み中、英国に遠征し、英国をはじめ欧州のチームと練習試合を行っています。目的は技術・体力の強化と同時に国際感覚を養うことです。英国滞在中、プレミアリーグの試合やナショナルチームによる国際Aマッチ観戦も日程に組み込んでいます。
・障害者とサッカーを通じた交流を行っています。